'; $marquee='
'; $start_tag='
'; $end_tag='
'; $small='
'; $right='
'; $footer='
'; } else { $wrapper_tag='
'; $marquee='
'; $start_tag='

'; $end_tag='

'; $mlist_start_tag='

'; $mlist_end_tag='

'; $line='
'; $area_navi='
'; $area_navi_end='
'; $small='
'; $small_s='
'; $right='
'; $footer=' 株主優待で得をする!
$small そもそも株主優待ってどんな理由で存在しているのでしょうか?
企業にとって下記のような目的があるといわれています。

製品・商品・サービスの知名度の向上。
個人株主を増し、総株主数の増加。(上場基準の達成・流動性の確保)
株主を通じて消費者の動向を知る。(マーケティング)
株価対策。(優待制度による人気で株価上昇をねらう)
安定個人株主増加による、企業買収の抑止。

株主優待は企業の好意であり、企業そのものは優待を行う義務はなく、優待の変更・廃止・新設などは株主総会の承認を得る必要もありません。
突然に、優待が変更されたり、廃止されたりする可能性はつきまといます。

株主優待に興味があり、株を購入してくれる個人株主の増加は企業にとって大いにメリットがあります。

それは、安定個人株主増加による、企業買収の抑止。
ある一人、一社に多くの株を保有されると会社を乗っ取られたり、買収されてしまう恐れがあります。これを防ぐには小口の株主(個人株主)を増やすことが非常に有効です。

これが目的だと考えられていますが、株主優待の享受内容は株数とは比例しないケースが多いです。

(例)
例えば、とある企業で10,000株以上の株主は1,000円分の利用券をもらえる場合などがあります。

しかし
10,000株〜50,000株までは20,000株で1枚
50,000株〜20,000株までは50,000株で1枚
200,000以上はは100,000株で1枚

などど株数が多くなっても株数に比例して、優待を受けれるわけではないのです。
それゆえ、多くの株を持っている人にとっては投資した金額に株主優待が見合わなくなります。

この仕組みを利用することにより、小口の株主(個人株主)を増やすことが可能になっているんですね。
$start_tag 株主優待に関して $end_tag $small ★株主優待で得をする TOP
株主優待って何
飲食料品系優待
買い物券系優待
旅行系優待
$start_tag 株主優待のお得生活ブログ $end_tag $small 2012年07月06日
株主優待への一歩

$start_tag 人気サイト $end_tag $mseolink $footer $analytics_tag Copyright(C)2010.
株主優待で得をする!
All Right Reserved.
EOD; echo $mbhtml; }else{ //echo "PCです"; $ua = $_SERVER['HTTP_USER_AGENT']; if (!(ereg("Windows",$ua) && ereg("MSIE",$ua)) || ereg("MSIE 7",$ua)) { print '' . "\n"; } $pchtml=<< 株主優待って何 | 株主優待で得をする!

「株主優待」がどんなもので、どのような理由で存在するのか

株主優待って何

そもそも株主優待ってどんな理由で存在しているのでしょうか?
企業にとって下記のような目的があるといわれています。

  1. 製品・商品・サービスの知名度の向上。
  2. 個人株主を増し、総株主数の増加。(上場基準の達成・流動性の確保)
  3. 株主を通じて消費者の動向を知る。(マーケティング)
  4. 株価対策。(優待制度による人気で株価上昇をねらう)
  5. 安定個人株主増加による、企業買収の抑止。

株主優待は企業の好意であり、企業そのものは優待を行う義務はなく、優待の変更・廃止・新設などは株主総会の承認を得る必要もありません。
突然に、優待が変更されたり、廃止されたりする可能性はつきまといます。

株主優待に興味があり、株を購入してくれる個人株主の増加は企業にとって大いにメリットがあります。

それは、安定個人株主増加による、企業買収の抑止。
ある一人、一社に多くの株を保有されると会社を乗っ取られたり、買収されてしまう恐れがあります。これを防ぐには小口の株主(個人株主)を増やすことが非常に有効です。

これが目的だと考えられていますが、株主優待の享受内容は株数とは比例しないケースが多いです。

(例)
例えば、とある企業で10,000株以上の株主は1,000円分の利用券をもらえる場合などがあります。

しかし
10,000株〜50,000株までは20,000株で1枚
50,000株〜20,000株までは50,000株で1枚
200,000以上はは100,000株で1枚

などど株数が多くなっても株数に比例して、優待を受けれるわけではないのです。
それゆえ、多くの株を持っている人にとっては投資した金額に株主優待が見合わなくなります。

この仕組みを利用することにより、小口の株主(個人株主)を増やすことが可能になっているんですね。

お薦めサイト

$seolink
EOD; echo $pchtml; } ?>